バイク呉服屋の忙しい日々

現代呉服屋事情

先日、バックパッカー時代の旧友と久しぶりに会って、ゆっくり食事をしながら様々な話をした。 彼は、バイク呉服屋とは全く違い、大変有能で多彩な人物である。経歴も、某有名大学の理工学部の大学院を出て、その後大手企業に在籍、その…

続きを読む

6月に入り、店内を薄物に模様替えしたので、涼やかな絽の暖簾に掛け変えてみた。 普段から、裏の事務所との境と階段の昇降口の二ヶ所には、目隠しのために暖簾を掛けておく。暖簾の丈は3尺(約110cm)ほど。事務所に置いてあるパ…

続きを読む

将来に対して備えをするということは、難しいことだ。例えば、起こりうる災害に対して、飲料水や食べ物、携帯ラジオや懐中電灯などは、常日頃から常備しておかなければならない。 大きな地震や台風などの被害を目の当たりにしたときは、…

続きを読む

日本の食糧自給率は、39%。1965(昭和40)年には、約73%だったことを考えれば、この50年間でおよそ半減したことになる。 日本人の食生活の変化や、農産物の輸入自由化の流れ、また国内農業従事者の減少など、様々な要因は…

続きを読む

...23456...

日付から

  • 総訪問者数:384165
  • 本日の訪問者数:47
  • 昨日の訪問者数:633

このブログに掲載されている品物は、全て、現在当店が扱っているものか、以前当店で扱ったものです。

松木 茂」プロフィール

呉服屋の仕事は時代に逆行している仕事だと思う。
利便性や効率や利潤優先を考えていたら本質を見失うことが多すぎるからだ。
手間をかけて作った品物をおすすめして、世代を越えて長く使って頂く。一点の品に20年も30年も関って、その都度手を入れて直して行く。これが基本なのだろう。
一人のお客様、一つの品物にゆっくり向き合いあわてず、丁寧に、時間をかけての「スローワーク」そんな毎日を少しずつ書いていこうと思っています。

ご感想・ご要望はこちらから e-mail : matsuki-gofuku@mx6.nns.ne.jp

©2017 松木呉服店 819529.com