バイク呉服屋の忙しい日々

ノスタルジア

練達の染色師・吉岡工房の仕事(前編) 草木染みじん縞・手引き小紋  

2021.02 07

平安京・京都から見ると、平城京・奈良は南に位置しているので、南都と称される。そのため、ここで花開いた奈良仏教を南都六宗と呼ぶ。三論・成実・法相・倶舎・華厳・律。それぞれの宗派は朝廷から保護を受け、平城京周辺に壮大な寺院を建立した。この南都七大寺(東大寺・興福寺・元興寺・大安寺・西大寺・薬師寺・法隆寺)は、現在も修学旅行を始め、一年を通して多くの観光客が訪れる名刹となっている。

中でも鎮護国家の象徴・東大寺は特別な存在で、聖武天皇の意を受け建立した廬舎那仏を本尊とし、周辺には大伽藍を展開させた。この時代の寺は、民衆に教えを広める拠点と言うより、教理研究をする場所との意味合いが強く、東大寺も例に漏れない。だがそんな役割の中でも、宗教的行為・祈祷を行う施設を造っていた。それが二月堂である。

 

この二月堂で行われる「修二会(しゅにえ)」は、古都・奈良に春を告げる行事。「お水取り」とか「お松明(たいまつ)」の名前で広く親しまれているので、ご存じの方も多いだろう。堂の上で振りかざす松明の火の粉を浴びると、無病息災が約束されると伝えられるこの行事には、毎年数多くの人が訪れる。

修二会の正式名称は、十一面悔過(じゅういちめんけか)で、人間が日常犯している様々な過ちを、二月堂の本尊・十一面観世音菩薩の宝前で懺悔する宗教行事。天災や疫病を国家の病と考えた天平期では、この病の癒しと同時に、鎮護国家や天下平安、五穀豊穣などの様々な願いも、この修二会に込められていた。

修二会が始まった752(天平勝宝4)年は、大仏開眼の年。以来今日まで1270年間、一度も途切れることなく続いてきたことから、「不退の行法」と呼ばれている。以前は旧暦2月1日から始まっていたが、現在は3月1日から。あと半月ほど経つと、別火(べっか)と称される行の準備が始まるが、この前行には、精進を期すために用いる火を区別するという意味が含まれている。

 

別火は、灯明に使う灯心の準備や、着装する紙衣作りや行で使う履物・さしかけの修繕、お札箱の新調など細々とした仕事が沢山あるが、行中で仏前に飾る南天や椿の造花作りも大切な作業の一つ。特に本尊を安置する須弥壇を飾る椿は、赤い花弁が紅花、黄色の芯を梔子(くちなし)で引き染めした和紙を用い、丁寧に作る。

この草木染和紙を、長年奉納し続けているのが、江戸期から京都で続く染屋・吉岡工房(染司よしおか)である。バイク呉服屋では30年ほど前に、この染屋を受け継いだ4代目吉岡常雄・5代目幸雄両氏の作品を扱っていたが、最近になって相次いで手直しを依頼されたので、久しぶりにこの染屋の作品に触れる機会があった。

そこで今日から二回にわたり、吉岡工房の作品にどのような特徴と面白さがあるのか、ご覧頂こうと思う。今回はまず、紬地の微塵よろけ縞小紋を取り上げてみる。

 

(生成紬地 微塵縞 手引き一方付小紋・吉岡常雄  1985年頃 甲府市 S様所有)

吉岡家の先祖は、代々剣術や兵法を指南する家柄で、室町期には幕府・足利将軍家の兵術師範を務めていた。そして後の桃山期までは豊臣家に仕えていたものの、天下分け目の関ケ原の戦に敗れると、武術の道を捨てて染色業に携わることになる。

染屋に転身した吉岡家が得意としたのが黒染で、その色は黒に近い深い焦げ茶色。原料は、熱帯に樹生する椰子(やし)の一種・檳榔樹(びんろうじゅ)の実を乾燥させたもので、これに媒染剤として鉄分液を使って発色させた。この色は、剣豪吉岡直綱の号・吉岡憲法の名前を採って、「憲法黒」と呼ばれている。

京都・四条西洞院で染屋を始めた吉岡家は、江戸期に隆盛を極め、そこからは数多くの分家が生まれた。今日ご紹介する「染司よしおか」の初代も、江戸・文化年間に吉岡の屋号を貰って独立した。吉岡常雄氏がその4代目で、後を継いだ長男の幸雄氏は5代目に当たる。

 

さて色を染める仕事は、明治20年代になって化学染料がもたらされるまで、自然の中から得た材料によって、為されてきた。植物の花葉はもちろん、根や茎や樹皮までをも採取して、染材料とする。しかし原料だけで発色させることが出来ないので、そこに仲立ちとして媒染剤が必要になる。稲わらや椿、くぬぎの生木を燃やして作った灰汁は、金属塩のアルミニウム塩や鉄塩を含み、原料と融合させることで様々に発色する。

化学染料の出現は、色を得る手間を省く役割を大いに果たし、染屋の仕事も簡略化されて楽になった。だが戦後吉岡家を継いだ常雄氏は、「江戸時代に戻ること」を提唱し、天然染料に回帰することを志す。それは後継の幸雄氏も同様で、時間を巻き戻すかのように自然染料へこだわる仕事を続けてきた。

そんな吉岡工房の作品には、当然色に対する強い思い入れが表れているが、もう一つの特徴は、その図案が古代の染織品を研究し尽くした上で生まれた、古典と現代が融合するモダンで独創的なデザイン。それは、どの品物も一目で吉岡工房の作品と判るほど、個性的である。

 

遠目に見ると、擦れた筋が不規則に付いているだけの単純なキモノに見えるが、近づいて一本一本の線を見ると、それが微妙に色を変えながら手で引いた「よろけ縞」であることが判る。では、全体の姿からは判らない精緻さを、次からの画像でご覧に頂こう。

地色は生成色で、少し緯糸に節のある紬地を使っている。模様はご覧の通り、無数の細い筋だけであしらわれているが、縞の色の取り合わせは黄と茶系を中心として、所々に青や鼠色も見られる。筋の間隔は極めて狭いが、一定ではなく、その上に微妙なよろけや擦れが生じている。その自然な筋がそのまま品物の表情として表れ、独特の映り方になっている。

筋を拡大してみた。すると遠目では判らない縞のあしらいが見えてくる。ご覧のように、一本一本の筋の色はほとんど同じものはなく、間隔は狭まったり空いたりと常に一定しない。茶と黄色系だけのように見えた色だが、予想以上にグレーや黒の筋が混ざっている。縞全体が暈されるように見えるのは、擦れて引いてある筋によるもの。

黄色と茶系であしらわれている箇所。定規で引いたような真っすぐな筋はほとんどなく、どれもどこかでよろけている。筋の間隔は、およそ一分(3.75ミリ)ほどで、それ以下に狭いところもある。ということは、凡そ9寸5分の反物巾の中に、100本余りの筋が付いていることになる。全て手引きされたもので、これだけでも相当な手間である。

黄色、臙脂、橙、グレーの四色が基調だが、よく見ると各々僅かに異なる。色の気配はあくまで柔らかく、優しい。すべての色が、天然染料で発色されているためだろうか。

 

黄色系の色を抽出するための原料としては、刈安や梔子、鬱金(うこん)、黄檗(きはだ)などがある。古くは、仏教経典を写す手漉きの和紙には、黄檗染を施したという記録が残るが、飛鳥から天平期に至る時代の経典や文書は、ほぼ黄染紙になっている。これは、染料の黄檗に防虫効果があるためと考えられている。

また山野に自生するイネ科植物・刈安も、黄系原料としては古く、正倉院に残る黄色の染布の多くが、刈安染と考えられている。この木が数多く自生する八丈島では、刈安と共にタブノキや椎の木の樹皮を使って染めた糸で、縞織物・黄八丈を織った。時代劇で町娘が着ている黄色地に黒の大格子のキモノは、江戸期に大流行した衣装。

この小紋には、多種多様な色が見られ、一体どの色がどの原料で、媒染剤は何を使っているのかは判らない。もちろん品物には、染料について詳しい記載は無い。けれども、これだけ微細な色映りを表現するには、かなりの数の染料を用意しなければならない。

このキモノの全体を見渡すと、裾の縞色が濃く、上へ行くにつれて薄くなっていることが判る。また、袖の左前と右後ろも同様の施しがあり、それぞれ濃淡が付いている。つまりこの品物は、予め裁つ位置が全て決まっている付下げ的な一方付の小紋である。

天然染料使い、一本一本の微細な筋を手で引く。一見単純に見える縞だが、着姿での映り方を作り手が考えた上で、その構図にそって色を変え、筋の間隔を変え、擦れを付ける。全てが手仕事で、それは気の遠くなるような手間である。同じ縞でも、江戸小紋の万筋とは全く違う映り方となり、実にモダンさを感じる品物である。

 

染司よしおかの作品であることを示す落款と、手で墨書きされた「吉岡」の文字。

4代目・常雄氏は、古代から地中海沿岸で行われてきた「貝の分泌液から紫色を得る染色法」を現代で実証した研究者として、よく知られている。1gの紫色素には2000個もの貝を必要とすることから、この紫の色はロイヤルパープル・帝王紫と呼ばれていたが、この古代染色・貝紫のことは、長い間謎に包まれていた。

彼は、江戸時代から続く老舗染屋の主人というだけでなく、研究者としての側面が強い。実際に、長く大阪芸術大学の教授を務めた。生涯にわたって、貝紫に代表される染料研究だけでなく、世界各地の裂や古美術品を蒐集する。そして研究を結晶させたものが、東大寺や法隆寺で復元された幡(仏教祭祀)であり、伎楽(演劇の一つで、仏教開眼の際にも演じられた)の装束であった。

また後を継いだ5代目・幸雄氏も、常雄氏の後を継ぐ以前は、美術工芸関係の出版社・「紫紅社」を設立し、美術展覧会やCM製作を行うなど、ジャーナリストとしても活躍されていたが、身近で見ていた父・常雄氏の仕事をそのまま受け継いで発展させ、天然染料を使って日本の伝統色を再現することに傾注する。そして幸雄氏もまた同様に、薬師寺や東大寺の復元事業に携ってきた。最初にお話した「修二会で飾る和紙椿の染」も、父から受け継いだ仕事の一つである。

 

今日は稀代の染色家・染匠よしおかの吉岡常雄・幸雄両氏の仕事について、工房で製作された微塵縞の小紋を見ながらお話させて頂いた。次回は、特徴的な更紗模様の染帯をご紹介しつつ、もう少し話を続けたいと思う。

 

吉岡常雄氏は、1988(昭和63)年に72歳で、幸雄氏は2019(令和元)年に73歳で亡くなられています。お二人とも、元気に仕事を続けられている最中の急逝だったために、多くの方から惜しまれました。

現在幸雄氏のお嬢さん・更紗さんが6代目を継いで、染匠よしおかの暖簾を守っています。京都の東山にギャラリーを持ち、祖父と父の草木染の仕事を受け継ぎながらも、女性らしい視点を取り入れた、新たなモノ作りに挑戦しています。そしてもちろん、修二会で飾る椿の和紙染めも、更紗さんの手で続けられています。

「更紗」は、幸雄氏が自分の娘の名前にするほど、思い入れのある模様染めでした。次回は、製作された染帯を通して、更紗へのこだわりをお話したいと考えています。

今日も、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日付から

  • 総訪問者数:1330790
  • 本日の訪問者数:75
  • 昨日の訪問者数:546

このブログに掲載されている品物は、全て、現在当店が扱っているものか、以前当店で扱ったものです。

松木 茂」プロフィール

呉服屋の仕事は時代に逆行している仕事だと思う。
利便性や効率や利潤優先を考えていたら本質を見失うことが多すぎるからだ。
手間をかけて作った品物をおすすめして、世代を越えて長く使って頂く。一点の品に20年も30年も関って、その都度手を入れて直して行く。これが基本なのだろう。
一人のお客様、一つの品物にゆっくり向き合いあわてず、丁寧に、時間をかけての「スローワーク」そんな毎日を少しずつ書いていこうと思っています。

ご感想・ご要望はこちらから e-mail : matsuki-gofuku@mx6.nns.ne.jp

©2021 松木呉服店 819529.com