バイク呉服屋の忙しい日々

にっぽんの色と文様

加賀友禅の「虫喰い」に思うこと  夏の病葉(わくらば)によせて

2019.08 21

お盆休みの一週間、毎朝、庭の水遣りをした。普段は家内の仕事だが、休み中に実家へ帰ったので、私が代行することになった。

「くれぐれも花や葉を枯らさないように、丁寧に水をあげてね」と申し付かる。彼女が大切にしているバラの鉢植えに、もしものことがあれば、とても許してもらえそうにない。うちの奥さんは、普段とても穏やかな人だが、やるべきことを怠ると、途端に厳しくなる。何事にもいい加減な私には理解できない真面目さが、彼女にはある。

 

私も、年齢とともにすっかり早起きになり、毎朝5時頃には目が覚める。だから7時前には庭に出て、水遣りを始める。陽が高くならないうちに終えてしまえば、汗もかかない。だが、20鉢近くあるバラを始めとして、朝顔、日々草、ハイビスカス、数種の観葉植物などがあり、全部済ませるのに30分以上は十分かかる。その上、咲き終った花も摘まなければならないし、土の様子も見なければならない。そして、咲いた花の写真を写す。

早い時間なので、それほど暑くはないが、やぶ蚊にあちこちを刺されることには、閉口する。昨日も、バラの様子を心配して家内が電話をかけてきたので、「蚊に刺されすぎて、このままでは日本脳炎に罹る」と言うと、「あなたの脳は、とっくにおかしくなっているので大丈夫。きっと刺した蚊のほうが、あなたの悪い血を吸って、死んでいると思う」などと、容赦の無い言葉を言い放つ。刺された夫ではなく、刺した蚊に同情するようになっては、夫婦もお終いだ。

 

冗談はさておき、毎朝バラの鉢を眺めているうちに、気付いたことがある。ほとんどのバラの葉は、青々として健康そうなのだが、中に二つ三つ、赤く色づいたものがある。原因は、暑すぎる気候にあるのか、それとも害虫に侵されたからか。このように、秋でもないのに、紅葉して朽ちる葉のことを、「病葉(わくらば)」と呼ぶ。

「わくらば」は、古語で「稀」とか「偶然」という意味を持つ。いにしえの人々は、季節を早めて夏に色づく葉を、病と捉えた。そしてこの、早すぎる病の到来を、人生にもなぞらえることがあった。

キモノの図案には、この病葉に目を向け、挿し描くものがある。それが、加賀友禅の「虫喰い」。今日は、この加賀の特徴的な技法に注目し、そこから見えてくる様々なことに、思いを巡らせてみよう。

 

加賀友禅の虫喰い。(押田正義の黒留袖・牡丹の葉)

加賀友禅と京友禅を比較したとき、明らかな違いは、加賀が染だけで模様を表現しているのに対して、京友禅は、刺繍や絞り、箔など多彩な加工を取り入れていることである。もちろん、友禅をつくる工程は、下絵の基礎となる草稿を作るところから始まり、下絵、糸目糊置き、色挿し、糊伏せ、蒸しと進むことに変わりは無い。

加賀友禅に限らず、国が認定している伝統的工芸品には、いずれも指定されている伝統的な技法や工程があり(これを「告示」と言う)、作り手はこれに則って仕事を進める義務が生じている。

 

加賀の手描友禅では、告示に五項目の規定があるが、その内容は次の通り。1・色彩や図柄は「加賀五彩」を基調とした絵画調にすること。2・下絵は藍花を用いること。3・糊置きは糸目糊を用いること。4・黒地染めの時は伏せ糊をしないこと。5・刺繍をする場合は「加賀刺繍」を使うこと。

改めてこの規定を読んでみると、「染以外の加工はするな」とは、一言も書かれていない。そればかりか、「刺繍を入れるのであれば、地元の加賀繍を使え」と、わざわざ書き入れてもある。つまりは、加賀で作る友禅でも、京友禅同様に刺繍や絞り、あるいは箔など、他のあしらいを取り入れても構わないことになる。

ではそれなのに何故、加賀友禅のほとんどは染だけで作られているのか。その謎を解く鍵が、告示の規定の一番目・「色彩や図柄は加賀五彩を基調とし、絵画調に描くこと」にあるように思う。配色を、藍・蘇芳・黄土・緑・墨の五色、いわゆる「加賀五彩」を基調とするだけでは、他の加工を用いない理由にはならないが、問題は最後の「絵画調とすること」だ。

絵画調とするためには、やはり高い写実性が求められる。そのため作者は、見たモチーフを、絵のようにそのまま忠実に描くことになり、自ずと花鳥が模様の中心となる。そして技法も絵画同様に、染だけを使って模様に表情を付けることになる。だから、加賀友禅には、染以外の加工がみられないのである。

 

加賀友禅の虫喰いとぼかし。(浅野富治男の色留袖・芙蓉の葉)

写実性を重視することに作品の主眼を置く加賀友禅では、作家が見たモチーフがそのまま作品となって表現される。ということは、作品を制作する上で最も重要になるのが、写生になる。

作家は、自分の目に触れる植物や風景を、そのままデッサンする。この時、何を対象物とするかは、自分の感性に従って選ぶことになる。作家によっては、桜や梅、菊などポピュラーな植物を選ぶ人もあり、また道端の雑草に心惹かれ、写生を試みる人もいる。

以前、友禅作家の四ツ井健さん(彼は元々加賀の作家で、落款登録もある)から聞いた話だが、作品の構想は、まず野山を歩くことから始めると言う。人知れず野に咲く花をスケッチし、それを基にして自分なりのデザインを考える。花を見た時の感性が、図案や配色となってそのまま表れるが、その時の天候や、時刻、また自分の心のあり様によってモチーフの印象は変わる。だから同じ花を描いても、時によれば、全く別の姿で描くことになる。

 

加賀友禅の虫喰い。(柿本市郎の黒留袖・牡丹と菊の葉)

モチーフとする植物の姿を、ありのままに写し取れば、当然、花や葉の姿や色は、一輪ずつ一枚ずつ違ってくる。どれ一つとして同じものにならないこと、この微妙な差異を表現することが、加賀友禅の大きな特徴である。

加賀の作品を仔細に見れば、花や葉は一つとして同じものはない。形や色の気配は似ていても、花弁や葉脈の形状は異なり、また配色は同じでも、挿し方や暈しの入り方が違っている。写生した姿を忠実に表現しようとするならば、こうなることは当然だろう。

つまり、加賀特有の技法として、模様の外側から内側に入る色ぼかしや、朽ちた葉の様子を表現する虫喰いは、作品を絵画的とするためには、どうしても必要なほどこしであり、生まれるべくして生まれたあしらいと言えよう。

 

加賀友禅の虫喰い。(百貫華峰の色留袖・釣鐘草の葉)

葉が朽ちて変色したり、また黒い斑点が出来たりする様を、そのまま図案の中に表現する技法・虫喰い。秋ならば、このような葉姿を紅葉した季節のうつろいと捉えられるが、夏ならば「病葉」になる。

わくら葉に とりついて 蝉のもぬけ哉  与謝蕪村               わくら葉の しんぼづよくは なかりけり 小林一茶

この江戸期を代表する俳人の句にもあるように、「わくらば」は、古くから和歌や俳句で使われており、本来なら青々と葉が繁る季節なのに、変色したり朽ちたりする稀な葉ということで、珍しいとか、稀、偶然という意味を当てた。そんなことから、この言葉は夏の季語になっている。

最初の蕪村の句は、病葉に取り付いていた蝉の抜け殻を詠んでいるが、これは、羽化した蝉を生とし、病んだ葉を死と捉え、その生死を対比したと言われている。おそらく、夏という季節の中に映し出される、「輝きとはかなさ」を表現したかったのであろう。

 

加賀友禅の虫喰い。(宮野勇造の訪問着・葵の葉)

生き生きとした葉も、病んだ葉も、見た姿そのままを自分の感性で描き、色を挿す。これが、繊細で上品な美しい加賀友禅を生む。表情が異なる葉を、一枚ずつ丁寧に色を挿し、暈しを入れ、時には虫喰いをほどこす。作者の絵心が、そのまま作品として映し出されることにおいては、加賀友禅の右に出る品物は無いだろう。

作品で描かれる葉模様の中で、虫喰いを施す箇所はごく僅かだ。しかし、決して目立つことのないこの「黒い点」にこそ、加賀友禅の本質が隠されているような気がする。

 

葉の中に「わくらば」が見られるように、人にも、輝けるはずの若い季節に、病を得てしまうことがある。いにしえの人々は、枯れるはずのない季節に朽ちてしまうその葉に、人の運命をも重ねていたのだろう。

「生老病死」は、人として生まれた限り、誰も避けることは出来ない。わくらばを見ていると、ふとそんなことを考えさせられる。友禅に描かれる葉と同じように、人間にも元気な人と、病気の人や老いた人がいる。そしてそれぞれの葉姿や色が違うように、一人として同じ人はいない。

植物も動物も、そして人間も、自然の中で「生かされている・いきもの」。それぞれには、限られた持ち時間があり、その中で懸命に生きる。その姿こそが、美しいと思う。

 

嫌々やらされていた庭の水遣りですが、バラの朽ちた葉から、今日のブログのテーマを頂きました。その意味で、指令を出した家内には感謝しなければなりません。

しかし、刺した蚊に向かって、「てめェ、よくも刺しやがったな、今日はオマエの命日だと思えよ」と悪態をつき、叩き殺そうとする私のことを、彼女は良く知っています。だからこそ、「あなたの脳は、とっくにおかしくなっている」などと言われてしまうのです。

夏の終わり頃に弱々しく飛ぶ蚊のことを、「あはれ蚊」と呼び、古人は決して叩かなかったそうですが、私はとてもそこまで、人間が出来ていません。

今日も、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日付から

  • 総訪問者数:1054799
  • 本日の訪問者数:163
  • 昨日の訪問者数:702

このブログに掲載されている品物は、全て、現在当店が扱っているものか、以前当店で扱ったものです。

松木 茂」プロフィール

呉服屋の仕事は時代に逆行している仕事だと思う。
利便性や効率や利潤優先を考えていたら本質を見失うことが多すぎるからだ。
手間をかけて作った品物をおすすめして、世代を越えて長く使って頂く。一点の品に20年も30年も関って、その都度手を入れて直して行く。これが基本なのだろう。
一人のお客様、一つの品物にゆっくり向き合いあわてず、丁寧に、時間をかけての「スローワーク」そんな毎日を少しずつ書いていこうと思っています。

ご感想・ご要望はこちらから e-mail : matsuki-gofuku@mx6.nns.ne.jp

©2019 松木呉服店 819529.com