バイク呉服屋の忙しい日々

その他

大雪のためブログ更新出来ず バイク走行不能

2014.02 17

先週の金曜以来、4日ぶりに仕事場(店)に来ました。来たというより、たどり着いたというべきかも知れません。土曜日にブログの更新を予定していて、書く「ネタ」も準備していたのですが、三日間は大量の「雪の始末」に追われてしまいました。

14日の朝から降り始めた雪は、翌15日の朝まで、丸一日で1m14cmに達し、完全に「K点越え」状態になりました。うちの庭には、私の背丈以上の雪が積み上がっています。今朝は、氷点下5℃まで気温が下がったため、雪が凍りつき、路面は「ガリガリくん」状態で、車はもとより歩くのもままなりません。もちろん「バイク」での走行は、当分不能です。

 

JRも14日から止まったままで、三日以上缶詰になっている乗客が900人ほどいるようです。高速も今日には復旧する予定とのことですが、各サービスエリアには立ち往生している車がかなりあるとのこと。

甲府は周りを山に囲まれている盆地なので、他県に行くには必ず「峠」を越えなければなりません。中央高速の他、国道も通行できないため、盆地の外へ出られない状態です。東京・長野・静岡へ向かう道がことごとく通れません。

そのため、物流の動きか完全に止まり、物資が入ってきません。新聞、郵便、宅配便も三日間来ていません。スーパーも開店出来ないところが多く、開いていても、生鮮品やパンなどが品薄であり、市民生活に影響がかなり出ています。

甲府はそれでもまだましな方で、山間部の集落には完全に孤立しているところもあります。もとより「限界集落」が多く、「雪」を始末しようにも年配者にはままなりません。山梨というところは、普段「雪」が沢山積もるという土地ではなく、このような大量の降雪には慣れていないため、準備が出来ていません。そのことが、「除雪の遅れ」に繋がっていると思われます。

こんな不便さはありますが、東北の被災地の方々のことを考えれば、この程度のことは何ということはないと思います。しばらく我慢すれば済むことですから。

 

という訳で、今日もこの後、「買出し」をしながら帰ります。「買い物」はスーパーでなく、「地域の小売店」の方が品物があります。小さな「肉屋」や「八百屋」、「パン屋」の存在は大変貴重なもので、こんな時本当に助かります。「スーパー」は他県からの物流が止まれば、それでどうにもなりません。地元の農家が直売しているようなところや、ある程度品物を自分の店で保管しているような肉屋には、モノがあります。

「仕入れの効率」だけを考え、品物を手元に持たない大型店がいかに「脆弱」なものか、改めて感じさせてくれることだと言えましょう。

 

今週中には、ブログ更新する予定ですが、19、20日とまた雪の予報が出ているのでそれ次第ということになります。この程度のことでうろたえていたら、東北や北海道の方々には笑われてしまいますね。ブログを読んでくださる皆様も、くれぐれも「異常気象」にはご注意を。とにかく、油断は禁物です。

 

日付から

  • 総訪問者数:384527
  • 本日の訪問者数:409
  • 昨日の訪問者数:633

このブログに掲載されている品物は、全て、現在当店が扱っているものか、以前当店で扱ったものです。

松木 茂」プロフィール

呉服屋の仕事は時代に逆行している仕事だと思う。
利便性や効率や利潤優先を考えていたら本質を見失うことが多すぎるからだ。
手間をかけて作った品物をおすすめして、世代を越えて長く使って頂く。一点の品に20年も30年も関って、その都度手を入れて直して行く。これが基本なのだろう。
一人のお客様、一つの品物にゆっくり向き合いあわてず、丁寧に、時間をかけての「スローワーク」そんな毎日を少しずつ書いていこうと思っています。

ご感想・ご要望はこちらから e-mail : matsuki-gofuku@mx6.nns.ne.jp

©2017 松木呉服店 819529.com