バイク呉服屋の忙しい日々

2015年7月の記事

「色は思案の外(いろはしあんのほか)」ということわざがある。 色というのは、恋愛沙汰という意味の代名詞としてよく使われるが、この言葉は、人間というのは、こと色事(恋愛事)になると、冷静さや理性を失い、常識が通用しなくなる…

続きを読む

先日、バックパッカー時代の旧友と久しぶりに会って、ゆっくり食事をしながら様々な話をした。 彼は、バイク呉服屋とは全く違い、大変有能で多彩な人物である。経歴も、某有名大学の理工学部の大学院を出て、その後大手企業に在籍、その…

続きを読む

大雨を降らせた台風の通過とともに、梅雨が明けた。例年、夏休みが始まる20日前後に合わすかのように、灼熱の季節が訪れる。 今日は海の日・祝日。1996(平成8)年より制定されたこの日は、海洋国家・日本に住むわが国民が、海に…

続きを読む

人形町界隈を歩くようになって、何年経つだろうか。昭和の終わる頃からだから、もう30年に近くなる。 人形町通り沿いの商店街の佇まいは、あまり変わらないようにも見える。これは見慣れているせいもあるだろう。久しぶりに訪ねた人に…

続きを読む

北陸新幹線の開業により、金沢は驚くほど近くなった。東京駅から「かがやき号」に乗れば、わずか二時間半の距離である。金沢城と兼六園を見て、香林坊あたりで買い物と食事をするだけなら、日帰りでも十分楽しめる。 昔、北陸へ行くには…

続きを読む

「そばかす美人」とか「あばたもエクボ」という言葉がある。好きになってしまえば、相手の欠点と思えるところも含めて、愛おしいと思えることの例えだ。 普通では、自分が気になるようなところでも、相手はナチュラルな姿として認める。…

続きを読む

「形通り」とか「形に嵌まる(かたにはまる)」とは、常識的、または標準的という意味であり、無難だが面白みに欠けるような時に使われる熟語。一方、「形破り」や「形に嵌まらない」は、規格外で個性的なことを表す言葉である。 人生に…

続きを読む

日付から

  • 総訪問者数:483060
  • 本日の訪問者数:89
  • 昨日の訪問者数:700

このブログに掲載されている品物は、全て、現在当店が扱っているものか、以前当店で扱ったものです。

松木 茂」プロフィール

呉服屋の仕事は時代に逆行している仕事だと思う。
利便性や効率や利潤優先を考えていたら本質を見失うことが多すぎるからだ。
手間をかけて作った品物をおすすめして、世代を越えて長く使って頂く。一点の品に20年も30年も関って、その都度手を入れて直して行く。これが基本なのだろう。
一人のお客様、一つの品物にゆっくり向き合いあわてず、丁寧に、時間をかけての「スローワーク」そんな毎日を少しずつ書いていこうと思っています。

ご感想・ご要望はこちらから e-mail : matsuki-gofuku@mx6.nns.ne.jp

©2017 松木呉服店 819529.com